シリア・ヨルダン旅行記 7

ペトラを8時に出発してクセイル・アムラへ
道端で唐突にトマト売ってたりする。


周りは砂漠なのにほんとに突然売ってるから面白い。

道中こんな感じの↓

建物が道の脇に点々とあるんですが、これもきっと遺跡・・・


クセイル・アムラは王様の離宮。
イスラム教の建物にしてはフレスコ画が残ってたりしてなんとも不思議な感じ。

天体図だったかな?


女性の裸の絵があったり・・・王様はっちゃけすぎじゃない?・・ここ趣味の館か!!

クセイル・アムラ自体はこじんまりした建物なので、すぐ見学がおわります。
砂漠のど真ん中の離宮。昔も砂漠のど真ん中だったと思うのですが・・・


アズラク城へ移動中。なんてことない交差点がありました。
「ここ右に行くとイラクですよー」
!!!!!

「このトラックはイラクとヨルダン間の輸送をしているものですね。国境越えの輸送は儲かります」
とのこと。
陸続きだとこういう商売があるんですねー


アズラク城に到着!

アズラク城はアラビアのロレンスも滞在したという場所
外観しか残っておらず見所があまりない・・

これを一つの都市にするにはあまりにも小さいものです。部屋の中も結構狭くて暗い。

この階段、手すりも何も無い上にかなり急です。


この日のお昼は、昔病院だった建物にて。
いまでこそ周囲に街ができてますが、飾ってあった昔の航空写真をみると病院として現役だった頃は回りに何も無買ったことが分かりました。


午後は死海でプカプカ。
ここ泳いで反対側まで行くとイスラエル。死海文書が見つかった洞窟はあっちにあります、なーんていわれました。
泳いでる写真が無いのは、貴重品と一緒にカメラをしまっちゃったから・・w

死海で飲んだペットボトル。
アンマンに戻る頃にはべっこべこになってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。