4月のコートダジュールに2週間滞在 2

買い物編

■スーパーマーケットの品ぞろえ:結構いい 
→ちょっと高めのバターもある。ストラスブールよりモノプリのサイズが大きいせい?
冷凍食品コーナーの通路に保冷バッグが、2Fに保冷剤(ただし未凍結)が、モノプリのリユ-ス買い物袋はレジ付近にたくさんある
2Fにはモノプリデザインのマグカップとかが結構ある。

■市場 
→市場が12時くらいまで立つ。13時は撤収するので買えない。
→ニースの市場は「生産者の顔が見えるBIO野菜取れたて(地元民用)」「お惣菜屋(観光客も地元民も買う、安い)」
「花市場(安い)」「乾物屋(ドライトマトなど)値段はピンキリ。物の状態によるが買っても損はしないと思う。(イタリアより虫食い少な目」
「観光客向けの店(石鹸等)(チーズ屋で売られている他社製バター)※これらはすべて高い」
→サレヤ広場のドライトマトを売っている店はアタリかも。
石鹸などはいっそのことフラゴナールで買うか、バラマキなら安い常設店舗を探して買ったほうが良い。
フラゴナールの石鹸いい香りなので買ってよかった。
→ニースからいける小さな町では観光客向けより地元民向けの出店が多い。
→ロスチャイルド邸のショップも素敵なのでおすすめ。ロスチャイルド邸にきましたグッズはないけどセンスのいい商品が多い。

■ニース空港の免税店は?ニース市内の免税は?
→ニース空港は、その日のうちに出国するなら免税価格で最初から売ってくれる。
エルメスとかあった。
ただ高級店がズラーっとあるわけではないので、基本的に街中の高級店で免税で買って空港で手続きするという感じが良いかと。

高級店以外ではレシートで免税できるなどと嘘を言って面倒な書類作成を行わないみたい。
正式な免税書類はA4で、ipad等から入力して作る。
パスポートのスクショを見せるだけで済む場合と、店にその場でメールで送信するのが必要な場合とある。

■2019年4月中旬のパリ・シャルルドゴール空港の日本行きの便が出るターミナルの免税店
→改装中でほとんどしまってた。
開いているのは化粧品(少々)、お酒(多い)お菓子(多い)、ちょっとした電化製品(スマホの充電ケーブルとかヘッドフォン等)。
ラデュレはカート販売してた。

4月のコートダジュールに2週間滞在 1

コートダジュールの海は天気が悪いと熱海
※天気が海の色に影響するので天気が悪いと日本の海みたいにどんよりしてるの意味

■期間:2019年4月3日~17日まで
■この時期のおすすめ度:★☆☆☆☆☆(1/5)おすすめしない。(後述)
■天気:2019年は1月から4月2日まで雨が降らなかったのに、ここにきて急に雨予報。年間340日は晴れと言われる場所で連日雨。
■気温と服装:最高/最低は東京並みだけど、東京の方が最高気温の時間が長く、暖かかった。
→この時期のコートダジュールは最低気温の時間が長いと考えて荷物を組んだ方が良い
予想より天気が悪化し寒くなってしまったため、
「貼るホッカイロ」「ウルトラライトダウン相当のダウンジャケット」「冬用マフラー」「調整の出来る冬服」
もっと寒い日とタンド線遠征では「手袋」まで装備。
すこし暖かい日は「春秋用上着」と「ウルトラライトダウンのベスト」「調整の出来る冬服」
天気が良ければ暖かいので春秋用セーター+冬パンツ+ベスト+ジャケットでいけます。

■英語:フランスとしては思ったより通じる。最初のボンジュール!だけはフランス語。
→他国から遊びに来るの観光客が多いエリアのせいか片言の(と言っても我々よりは流暢)英語をしゃべってくれる人が多い。
逆に言うとフランス語で言っても英語で帰ってくる。
小さい店はフランス語オンリー。通りすがりのマダムが拙い英語を簡単なフランス語に略してお店の人に伝えてくれたりする。

■治安:結構いい ただしニース駅にはスリがいてグイグイ押してくるやつは間違いなくスリ。グループで営業しているので駅では絶対に気を付けること。
■携帯電話の電波:Orenge回線快適。特に圏外もない。電車内からでも使える。
■回数券:トラムの7日券は元を取った。美術館パスはどうかなー意外と1か所6~8ユーロとかで安い。
■おすすめ天気アプリ:気象ライブ(iOS)iPhoneのデフォアプリ、「天気」と比べると現地に近い予報を出してたので。
■おすすめ植物アプリ:Pl@nNethttps://identify.plantnet.org/無料。iOSとandroidがある。フランスの植物調べるアプリ。無料。写真撮って送ると候補が示される。転送量に注意。
■おすすめ翻訳アプリ:Microsoft Translatorhttps://www.microsoft.com/ja-jp/translator/apps/印刷してあるフランス語のメニューを読むのに大活躍。写真を撮って送ると直訳で帰ってくる。転送量に注意。

■一押しのお出かけスポット:ロスチャイルド邸 家が綺麗 庭も綺麗 ティールームで絶対にお茶して!全体が大きすぎず回れる EVなし(たぶん)
■この時期におすすめできないスポット:タンド峠 天気が悪いと灰色の街にしか見えない。多分夏に涼みに行くところ。古い時代の家屋なので一つの家が小さい。
■この時期をおすすめしない理由:オンシーズンではないから!これに尽きる!!
→鉄道や建物のメンテナンスが多く、メンテナンスのため臨時休業オンパレード。
鉄道は臨時時刻表になったり今日だけ突然のキャンセルになったりする。(しかもその日の朝駅に行ってわかる)
タンド線みたいな山岳鉄道はモロにこれに当たるのに臨時バスが出たりしないのでいっそのこと行かない方がマシ。
運よくバスに乗れてもイタリア経由で帰ることになるのでパスポート持って行った方がいい。
天気も不安定でこの時期に行くっていわれたらおすすめしませんね・・

※帰ってきてからまた天気良くなったらしく、暖かいようです。
夏に入るまではどちらに転んでも良いように洋服調整できるように持っていくべきかと。

Orange Holiday 使ってみた

ちょっとニース行こう、という事で、フランス2週間ニース滞在の旅。
GlocalMeのフランスモナコプランが3G/3GB/14日/23ドル。足りるかどうかギリギリ?
MTXのモンスターデータなら3G/4GB/14日/25ユーロ
それなら4G確約のSIM買っちゃう?
Orange Holiday Simが4G/10GB/14日/37.90ユーロ テザリング可(他通話のサービス有)★開通時sms受信必須

O’bon parisさん経由で6ユーロ近い送料が無料になるサービス付き。
https://www.obonparis.com/ja/magazine/orangeO’bon paris紹介ページ
届くのに2-3週間かかるけど40ユーロ程度の定価で売られているものをちょっと安く買えて
しかもフランスの空港でバタバタしなくていいならアリかも・・?
ということでお願いしてみました。
発送元は香港で到着まで2週間。


amazonだと8000円。
37.90ユーロ、2019年3月2日決済だと5100円くらい。

利用方法:
1:利用開始時にsim free iPhone5S(元ドコモ)に刺す
2:フランスで機内モード解除通信開始
3:受信したsmsから登録開始
4:Orange Holiday の表紙の紙と、simが付いていた白い紙(カード)の情報を登録する
https://topup.orange.com

5:http://identification.prepaye.orenge.fr/でパスポートの顔写真ページの写真を専用ページからアップロードして終了
※最近はパスポートの顔写真ページのスクショ送れば書面でコピー送らなくてもいい所も多い。
手順5がうろ覚えなんですが、4でパスポート上げたら5はやらないし、4でしなかったら5で上げます。
もし店で買った場合パスポートを提示して店員がやってくれるのかも。

simのtopupはこちらから。フランス国外からも可能らしい。クレカ決済。
https://topup.orange.com

使った結果:
手続き終了直後から4G通信可能。
一切orengeの店頭に行かずに手続きが終了しました。
設定でローミングonにしておけば今日は隣のイタリア行こう!という時もそのまま使えて便利です。
ローミング3GB分無料は便利ですね。
結局13日間で3GB使いました。
ホテルのwifiが遅ければもっと使っていたと思うし、10GBあればニュースサイトで自動的に動画再生されても大丈夫。
英語表記ですが書くことは限られていて、簡単です。
4G通信の速度がそれなりにあって、Pokémon Go*2台+グーグルマップを同時起動しても問題ありませんでした。

GlocalMeのスロットに刺したら何も設定せずに使えたので下調べした下の設定次項はあっているかどうかわかりません。
APN:orange.fr
ユーザー名:orange
パスワード:orange
認証:CHAP