シリア・ヨルダン旅行記 12

<9日目>

パルミラを出発する朝。霧の海の向こうに見えるアラブ城。


霧の中高速道路を移動中に見た羊搭載のトラック。
もこもこで顔がどこにあるのやら・・


なんとも珍しい事故風景。
サンダル(靴)が積荷だったようです。

その前方に衝突したトラックも停止。片側がめくられてなくなっちゃってますね・・
幸い怪我をした人は居なさそうでした。


ハマに到着。
ハマの水車は世界最大。直径20mもあります。
動いてはいますが、それが特に仕事の役に立ってるという感じではなかったです。


お昼に行ったレストランの内装が素敵だった。
お偉い人のお屋敷だったのをレストランに改装したそうです。

アレッポに移動してまず見たのが国立博物館

中は撮影禁止だったので入り口の写真のみ。

城塞に移動中にシリアで良く見る屋台を2つ後紹介。

ゆでトウモロコシ屋
日本のトウモロコシと違って甘くないそうです。地元に人には人気。


ポップコーン屋。観光地限定だとおもう屋台。買ってる人居なかったなぁ・・


城塞が見えてきました。丘の上にある巨大な建物。


入り口が(現存している物は)1つ。


正面から見るとこんな感じ。
空が真っ黒ですが、突然暗くなって雨が降ったりやんだり、天気が急に変わる日でした。
カメラのせいではないですw

中はこんな感じ。入ってすぐの所は無骨で暗い、侵入者対策ーって感じの通路です。


逆に屋上はというと・・・

なんとも不思議な感じです。小劇場があったり家の跡があったり。
稼働中の立派なモスクもあります。
壊れた遺跡は殆ど修復されてません。この後城塞内部に入るとギャップにびっくりします。


じゃーん!なんとこんな綺麗なお部屋があの遺跡の下にあるのです・・
ギャップ激しすぎですよね。


城塞の次はバザールへ。
城塞の目の前です。


夜の別のバザールの姿。お店が見事に閉まってます。
どのバザールでもこんな感じです。
意外と1軒あたりの間口が狭いことが分かります。


アル・ハワウィア・メドレセ夜景。
ここのライトアップは綺麗で有名なようです。
わざと日没後に来るように予定組んでるみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。