シリア・ヨルダン旅行記 6

お昼ごはんが終わったら、自由行動。殆どの人はそれぞれのペースでエドディルに向かいます。

ライオンの墓。中央の亀裂は盗掘ではなく自然にできたものらしいですが・・本当かな?
レストラン>ライオンの墓>エドディルとずっと上り。大きな階段状の石を上がること800段↑

こんな、岩の塊の上をずーっと歩いていきます。


エドディルについてやったー!ついたー!!とかはしゃいでいると道がまだ続いてるよ?

地元民(子犬)<ここまで来たならあっちまで行っちゃいなよ!!

・・・・

END OF THE WORLDなんて書いてある!
あとどれくらいなのー?なんていいながら歩くとこんな隅っこに到達!

ここで崖になっていて折り返し。


振り返れば、エドディル。
こうやってみると、そう遠くないですね。アップダウンはあるけど。


行きは余裕がなくて気がつかなかったけど、足元に柱のような物が・・・どこかから剥がれ落ちたのかな。

行きはのぼりだったので帰りはくだり。心に余裕ができたのでその辺で客待ちのロバに話しかける余裕も。
おーいロバー・・・?

「ハエが多くてね!!」(顔ぶんぶん振ってる)
取り込み中でした。歩いてる分にはハエにたかられたりしません。
ロバみたいに同じ場所にずっといるとハエの標的にされるようです。


これがお昼食べたレストランの近く。門が残ってました。
こうやって見ると土台が高いですねーこの門・・


どんどん戻って岩窟墳墓群のあたりのカフェでお茶・・ならぬコーラ!

猫がかまってもらえないと見ると、次は足元でおくつろぎタイムに突入。

それを見た子猫が遠くからもダッシュで参戦!

でもごめんもういくよ・・!!

Σ(‘□’*)
・・・・・・・猫のこんな表情初めて見ましたw

さっきスルーした墳墓群を見学しに行きます。丁度カフェ付近。

お食事中のロバ。近寄ったら「今仕事中じゃないんだけど」という迷惑そうな目で見られましたw


こんな墳墓がゴロゴロしてます。
外壁は結構高いところまで細工がありますが、中はどこも非常にシンプルなのが特徴です。

背後を見ると過積載ロバがお仕事中。さっきのオフのロバと比べるとその過積載っぷりは歴然!

これで丸一日がかりのペトラ観光が終了しました。
この旅でもっとも遺跡度の高い観光でした。

\下のほうが風化しちゃってピンチです/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。