マチュピチュ封殺でしたね・・

去年行った時、丁度2月で雨季だったんですが・・・
今年は雨が酷いようですね(´・ω・`)

アグアス・カリエンテス駅まで線路はずっとこの河の傍を走っています。
画面手前に窓のふちが写っています。
日本では考えられないくらい河の近くを走っているし、護岸工事もされていません。


ほそーい橋が架かっています。地元の人が使ってる橋です。


アグアス・カリエンテスのホテル前で撮った写真。
常に河はゴーゴーともの凄い轟音を上げて流れていました。


河の中に大きな石がゴロゴロしています。
こんな大きな石が流されてくるほどの強い流れになるようです。


雨季の晴れ間はこんな綺麗なんですよー
雨季だからこそ芝生が緑で、花が咲いて鳥が虫を探しに来ます。
それなのに人の生活する気配だけが無くて、ラピュタのように感じます。


元記事:
+++引用ここから

孤立のマチュピチュ、救助本格化=日本人は50人超-ペルー

1月27日11時49分配信 時事通信

 【サンパウロ時事】南米ペルーの世界遺産マチュピチュ周辺での豪雨と土砂崩れで観光客約2000人が孤立する中、ペルー当局は26日、軍などのヘリコプターによる救出活動を本格化させた。
AFP通信によれば、26日夕までに外国人観光客125人が無事救助された。
 ヘリでの移送は、高齢者や体調のすぐれない人から優先的に行われる予定。
在ペルー日本大使館によると、足止めされている日本人観光客から「これからヘリに搭乗する」との連絡もあったが、無事移送されたかは確認中という。
 同大使館によれば、再集計の結果、取り残されている日本人観光客は26日午後時点で50人超。
ただ、全員が宿泊先を確保し、けが人などは出ていない。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100127-00000070-jij-int 
+++引用ここまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。