何か起きた時、「まず慌てない」

いつでも、これを忘れないために。
——————-引用ここから
トラブル対応 7つのポイント
1 携帯電話や固定電話、Skypeなど、でき得る限りの通信回線を確保
2 トラブルの原因そのものの回復を優先させる。全力で取り組むこと
3 言い訳やお詫びは優先事項ではない
4 日ごろ危機対応のリハーサルをしておく
5 事前に、本社と現場で判断していいことの取り決めをしておく
6 トラブルとトラブル解消の詳細を記録しておくこと
7 トラブルが解消したら、お詫びや説明に急げ
——————-引用ここまで
出典:樋口健夫氏 ITMedia BIZ.ID 2008/04/04より
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0804/04/news125.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。