あつ森 自生バラと交配の記録

あつ森でピンクのバラが咲いた。
なんと赤×赤で咲いた。
しかしいわゆる改造ではありません。

結論:
島に自生しているバラはすでに交雑済みのものがある。(外見上の区別なし)
青バラが一番生えにくい
交配したい花だけに水をやる

前提条件:
店で買った種も使用
島に自生しているバラを一か所に集めて交配させた
離島のバラも持ってきた
一列に並べ、他の列のバラと交雑しないように間を2マスはあける
□□赤白□□白白□□黄赤□□ こんな感じ□は空マス

今までにできた交配色:
赤×赤=ピンク 5
赤×赤=黒 大量
赤×白=ピンク 大量
白×白=紫7 (低確率)
赤×黄=オレンジ5/ピンク1 (低確率)
紫×オレンジまたは紫=交配白4・交配赤 12
交配赤×交配赤=黒2・青0

推測:
あつ森では開始時にすでに野生のピンクバラが咲いていた。
また離島でランダムで交雑植物と出会える。
純粋な植物が欲しければ種から育てるのが良いかと思われる。
種が交雑していないかは未検証。

感想:
きちんと交配を行いたいなら野生のバラを交配に使わない(青や紫が生えるときに白や黄色が出やすい)?
でやすいというか、今回は植物が水をやらなくても枯れないという仕様なため、目的の物を使う

↓あまり時間がない人向け
もし離島に行って、荷物に空きがあるなら赤いバラを持ち帰るといい。
バラの赤はピンク・オレンジ・黒を作るのに必要かつ、「交雑赤」×「交雑赤」が青バラのトリガー(前作通りなら)
うちではなぜかオレンジ色がまだ発生しない。
赤は交雑済みでもなくても大量に使うのでいくつあってもいい。
ちなみにバラの増殖スピードはそんなに速くない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。