4月のコートダジュールに2週間滞在 1

コートダジュールの海は天気が悪いと熱海
※天気が海の色に影響するので天気が悪いと日本の海みたいにどんよりしてるの意味

■期間:2019年4月3日~17日まで
■この時期のおすすめ度:★☆☆☆☆☆(1/5)おすすめしない。(後述)
■天気:2019年は1月から4月2日まで雨が降らなかったのに、ここにきて急に雨予報。年間340日は晴れと言われる場所で連日雨。
■気温と服装:最高/最低は東京並みだけど、東京の方が最高気温の時間が長く、暖かかった。
→この時期のコートダジュールは最低気温の時間が長いと考えて荷物を組んだ方が良い
予想より天気が悪化し寒くなってしまったため、
「貼るホッカイロ」「ウルトラライトダウン相当のダウンジャケット」「冬用マフラー」「調整の出来る冬服」
もっと寒い日とタンド線遠征では「手袋」まで装備。
すこし暖かい日は「春秋用上着」と「ウルトラライトダウンのベスト」「調整の出来る冬服」
天気が良ければ暖かいので春秋用セーター+冬パンツ+ベスト+ジャケットでいけます。

■英語:フランスとしては思ったより通じる。最初のボンジュール!だけはフランス語。
→他国から遊びに来るの観光客が多いエリアのせいか片言の(と言っても我々よりは流暢)英語をしゃべってくれる人が多い。
逆に言うとフランス語で言っても英語で帰ってくる。
小さい店はフランス語オンリー。通りすがりのマダムが拙い英語を簡単なフランス語に略してお店の人に伝えてくれたりする。

■治安:結構いい ただしニース駅にはスリがいてグイグイ押してくるやつは間違いなくスリ。グループで営業しているので駅では絶対に気を付けること。
■携帯電話の電波:Orenge回線快適。特に圏外もない。電車内からでも使える。
■回数券:トラムの7日券は元を取った。美術館パスはどうかなー意外と1か所6~8ユーロとかで安い。
■おすすめ天気アプリ:気象ライブ(iOS)iPhoneのデフォアプリ、「天気」と比べると現地に近い予報を出してたので。
■おすすめ植物アプリ:Pl@nNethttps://identify.plantnet.org/無料。iOSとandroidがある。フランスの植物調べるアプリ。無料。写真撮って送ると候補が示される。転送量に注意。
■おすすめ翻訳アプリ:Microsoft Translatorhttps://www.microsoft.com/ja-jp/translator/apps/印刷してあるフランス語のメニューを読むのに大活躍。写真を撮って送ると直訳で帰ってくる。転送量に注意。

■一押しのお出かけスポット:ロスチャイルド邸 家が綺麗 庭も綺麗 ティールームで絶対にお茶して!全体が大きすぎず回れる EVなし(たぶん)
■この時期におすすめできないスポット:タンド峠 天気が悪いと灰色の街にしか見えない。多分夏に涼みに行くところ。古い時代の家屋なので一つの家が小さい。
■この時期をおすすめしない理由:オンシーズンではないから!これに尽きる!!
→鉄道や建物のメンテナンスが多く、メンテナンスのため臨時休業オンパレード。
鉄道は臨時時刻表になったり今日だけ突然のキャンセルになったりする。(しかもその日の朝駅に行ってわかる)
タンド線みたいな山岳鉄道はモロにこれに当たるのに臨時バスが出たりしないのでいっそのこと行かない方がマシ。
運よくバスに乗れてもイタリア経由で帰ることになるのでパスポート持って行った方がいい。
天気も不安定でこの時期に行くっていわれたらおすすめしませんね・・

※帰ってきてからまた天気良くなったらしく、暖かいようです。
夏に入るまではどちらに転んでも良いように洋服調整できるように持っていくべきかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。