1月現在のレべリング法

自分の覚書です。
■3-2-1
旗艦(育成)→今はハイパーズの予備×2や巻雲/長波牧場・神通
開幕魚雷(育成)→スーパーズの片割れをローテーション
軽空母(育成)→ちとちよの甲標的牧場を兼ねて瑞雲*2でローテーション。他に航巡による晴嵐+瑞雲。
空母(育成) →Lvの低い正規空母や軽空母など育てたい艦を入れる。
戦艦(育成) →金剛型を20にして副砲量産(主砲ガン積み)
潜水艦 →Lvの低いもの。まるゆ。
という構成。
疲労管理:戦艦と潜水艦のみ

ほぼ潜水艦のみが壊れるので、修理が早い。
旗艦・空母は赤疲労でも開幕爆撃には影響なし。
金剛型及びちとちよは3-2-1でも拾え、消費が追いつかない場合は解体する。

■4-3リランカ島レべリング(潜水2戦帰投)
旗艦(育成) →神通(三式ソナーガン積み) 駆逐か軽巡。
ハイパーズ(軽巡枠:育成)→2セットをローテーション
ハイパーズ(軽巡枠:育成)→2セットをローテーション
戦艦(育成)→金剛型を25にして副砲量産。南行きの際の用心棒。Lv9/未改修/主砲ガン積みで大丈夫。
空母 →育てたい空母優先。南行きの際の用心棒。軽空母だと潜水艦に攻撃するので旗艦が潜水艦を落としきれない時に調整役にする。
潜水艦 →連戦になるためまるゆ不可。
疲労管理:全部。ただし入渠は中破になってからバケツ。1戦自体が3-2-1より長くなるため容易。

重巡を1入れると南に行きにくいと聞きますが、私はその効果を体感できず・・
南に行っても旗艦・ハイパーズの平均が50程度になるころから撤退が減ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。