FFXV Ansel覚書

Anselを起動するときの下準備
・こまめにセーブ。目的地の手前でセーブ。特に建物に入る前。
・イベント発生ポイントに接近する前に、Ansel起動。HPバーが見えている状態で呼ばないとダメ。
→イベントが発生(HPバーが消えてから)してからAnselを起動すると変な場所(火山とかオルティエ海中とか)にカメラが固定されて動けない時がある)
→Ansel起動時に必要なのが「その時の座標」と仮定。

Anselしてもダメな場合がある
・雲海・真っ白・真っ黒・すごく遠い山の上などに飛ばされているとき
→前回起動時の場所でAnselが起動するときがある。
→高速で移動(車・船)中に起動するとカメラが遠すぎて近寄るのが難しい時がある。
→海水は高負荷っぽい。オルティシエ街中など限定された水は問題ない。
→カメラが動かせる時と、ものすごく重くて動かない時とある。
→環境によるらしく、私の場合はインソムニア陥落時のプロンプトスマホ(ラジオ)のアップや
オルティシエに船で入った時のシドの許可証などはカメラが雲海等で移動できず撮影できなかった。

Anselで激重になる
・多分環境。私の場合80%くらいの確率で全体が激重になる。
→ソフトを再起動することでしか改善しない。場合によりQTEなどが失敗することも考えられる。
こまめなセーブと、脅威の場合は標によるオートセーブを心掛け、再起動したほうが良い。
QTEがくるとわかっていればそこはAnselなしでいくか、諦めていい感じに押すかの二択。

Ansel起動
Alt+F2

通常の画面キャプチャ NVIDIA機能仕様
Alt+F1


テネブラエ付近でAnsel起動したときのどこか。
起動失敗したときはこんな感じ。
またゲーム画面が真っ白になった場合はまずいのでなるべく早くセーブ+ソフト再起動する。
チャプター14、コル臨時加入時のインソムニアなど装備画面Anselをするとキャラクターがいる画面が真っ白になる。
バトル中のAnsel、特にバトル画面以外(メニューの中)等は表示が困難。

Anselによる真っ白化は表示の問題なので今のところセーブデータに影響はなし。
改造はどこでもAnsel以外は多少の入れ替えのみ。
強さなどを弄るものは行っていない。