iPhone4SをXiで使ってみる

※これは初稿を11/4に書いたものです。24日に開始した音声プランは契約してません。

US版SIMFree iPhone4Sをゲットしました☆(ゝω・)
そこで、softbankでもauでもなくDocomoで運用してみる事に。
私は元々DocomoユーザーでP905iをまだ使ってます。
こっちもそろそろ買換え時期なんだけど次これだーっていうのがないまま惰性で使ってます。

●イメージ:
・P905iは通話・メール用に残す(仕事で使っているので)//旧パケホ廃止、段階型パケホ(350円~)に切り替え
・iPhoneはデータ通信用として使用。契約方法は「主回線に追加する形でXiデータプランを追加契約」

●そもそもXi<クロッシィ>って何?
→Docomoが新しく販売し始めた次世代高速通信サービス(LTE)。
簡単に言えばFOMAプラスエリアより早い通信速度が出るサービスの事。
システムがちょっと違うのでXi対応端末じゃないとできないこと、なんかもある。

●FOMAでよくない?Xiの範囲狭くない?
→Xi契約で、周りにFOMA網しかないとき=FOMAに繋がる(定額の範囲内)
3GS以降のiPhoneならFOMAプラスエリアも使える。
FOMAもXiもあるエリアに行くとXiに優先接続するという事らしい。
テザリング(iPhoneを経由して他の端末をネットに繋げる事)をすると
FOMAだと8190円(外部機器接続扱)、Xiだと4410円(Xiデータプラン フラットにねん)でできる
都会に住んでてテザリングも活用って人ならXiの方が安上がり。

●151(ドコモの案内の中の人)に聞いたら
Xiのスピードの恩恵にあずかれるか分からないし、やめとけって言われた
→ドコモの中の人も連日この手の問い合わせがあって大変なご様子。
Xi端末じゃないと100%Xiのいいところを使い切れないけど、それでもいいの?という事みたい。
でも「いいから契約しようよ♪」って白い獣のように言えば普通に契約できます。
( ◕ ‿‿ ◕ )<契約しようよ~

●契約するときに何がいる?
→私の場合は契約したい端末(SIMFree iPhone4Sの実機)を電源がONになり
技適マークが見れる状態のもの。
技適マークがチェックできないと日本では使えないので・・・
追加契約なので印鑑とかはいりませんでした。

■使い勝手について
→ソフトバンク版の時はアンテナが1~2の時は通信不能(待てどもデータ来ない・・・)
それがドコモだとアンテナ1でもデータをじりじり読み込んでくれてページを表示できます。

■将来の見込み
→これでテザリングすればVITAはwifi専用バージョン買っても大丈夫そう。
(→wifi版を予約しました!)

egg 人気の記事はこちら!

カテゴリー: ガジェット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。