シリア・ヨルダン旅行記 14

<11日目>
ラタキアより

プライベートビーチ付きのホテル、でもなぜか良く見ると・・

ビーチにはデーツがいっぱい付いたナツメヤシが・・
黄色い実と赤い実がありました。
赤のほうが熟してるのかな。


海沿いに走っていくと何故かビニールハウスが沢山。

トラックの荷台にはオレンジ満載!

道端で売っているのもオレンジ。オレンジの産地なんでしょうか。

内陸と地中海を結ぶ道上にあるのがクラックデシュバリエ!
緑の大地に、白く輝くような要塞です。

1031年にアレッポ城主が作りましたが、1099年第一回十字軍遠征で落城>放棄>1110年最落城>1144年より聖ヨハネ騎士団に移譲
その後1273年にうっかり落城するまで十字軍が所有していました。
ご近所の騎士団の要塞とあわせて、このエリアでは重要な十字軍の拠点でした。

いかにも要塞!という通路の作りです。


馬用厩舎。天井には通気口、壁には馬を繋ぐ為の穴がありました。


要塞の内側。中庭があり更に建物。堀があった場所に立って撮影してます。


妙にこの城だけ綺麗だな、と思いませんか?
十字軍つながりでフランスが修復しているそうです。

屋上へ続く階段。見張り台へ行ってみましょう。

この城をラピュタのようだ、という人もいるそうですが、個人的には全然似て無いし
共通点も無いし???という感じでした。
高いところにある城なのでまるで城が飛んでいるよう・・という感じがするのかな・・?

最後は、ダマスカスのヒジャーズ駅。

メッカとダマスカスを繋いでいたヒジャーズ鉄道の駅です。
駅舎しかなく、完全に観光地です。

中はこんな感じです。本棚があるのは、今は本屋さん状態だから。とのこと。
木をふんだんに使った駅舎は、昔の日本の明治時代の建物に似た感じがします。

ダマスカス着で11日目は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。